(3) 地形が生活環境に与える効果


 
(3-1)  (2-3) による豊富な漁場と、(1-6) による水運の利により、江戸時代以来、漁業が発達し、「年間水揚げ量日本一」を、何度もクリアしています。
 

 (3-2)  (1-6) による水運の利と、(2-2) により、江戸時代以来、醤油醸造業が発達し、発酵食品の普及は、国民の健康にも寄与しています。
 

 (3-3)  (1-4) の豊かな土壌と、(2-1) により、農業では、通年の路地栽培が可能となり、特に、「灯台キャベツ」ブランドの春キャベツは、「生産量日本一」をキープしています。
 

 (3-4)  (2-1) により、 年間を通じて安定した風速を利用して、(1-4) の台地上で、風力発電が行われ、市民への電力供給をエコロジカルに賄っています。



(4) 地形が文化と観光に与える効果
 
  (4-1)  (2-1) により、年齢や健康状態を問わず、住み易く、保養地に適しています
 

 (4-2)  (2-3) (-1) により、「イルカ&クジラ・ウォッチング」や「サンセット&サンライズ・クルーズ」に人気があります。最近は、この船を利用して、沖合でしか観察できない海鳥の「バード・ウォッチング」も流行しています
 

 (4-3)  (-2) による風光明媚な海岸線や、(2-3)(2-5) の希少な動植物を求めて、多くの写真家・画家が訪問しています
 

 (4-4)  (-2) により、風光明媚な海岸線を鑑賞するために、江戸時代以来、文人墨客が訪問し、(4-1)とあいまって観光業が発達しています
 

 (4-5)  (1-6) により、南西部の海岸にはヨット・ハーバーが整備され、サーフィンも盛んになり、また、利根川と並行する支流ではボートの楽しめる環境も整備されています。